総量規制について

今現在アコムをはじめとした消費者金融のキャッシングが気軽に利用できるになった背景にあるのは何といっても貸金業法の改正です。(→アコムはじめてのキャッシング)一昔前消費者金融ないしサラ金が持っていた社会的イメージというのは決して良くはなく、グレーゾーン金利等と呼ばれる法外な金利や強引な取立て、催促行為の横行などその運営形態はお世辞にも良いものではありませんでした。其処で設定されたのが貸金業法と呼ばれる貸金業者に適用される一連の法律です。

例えばこの貸金業法の成立ないし改正によって消費者金融の法定金利は大きく引き下げられ、高くても20%を超える金利は設けられないようになりました。また張り紙による嫌がらせや昼夜問わない電話による恫喝脅迫、保証人でもない親族血縁への支払い請求行為等の全てが現在は法律違反として厳しく取り締まられる事になりました。こういった貸金業法の制定により今現在私たちは安心してキャッシングが利用できているという訳です。 なるほど…?

ただし貸金業法の改正がもたらしたのは何もメリットばかりではありませんでした、中には利用者にとって多少不利となる法律も可決されています。その代表格といえるのが総量規制法です。


総量規制法について

軽く総量規制法については以前触れたとは思いますがこの総量規制法は「利用者年収の1/3を上回る金額を融資を貸金業者は貸し付けてはならない」とする法律です。具体的には年収300万円の人なら消費者金融で借りる事の出来るお金の上限はその商品の限度額とは関係なく100万円までになるというものです。

この法律は元々到底返済不可能な金額の貸付、並びに借入を規制する目的で可決された法律であり、実際に年収の1/3を超える金額を完済する為には生活に大きな支障が出て困難だといわれています。またこの総量規制法は総量を規制する法律なので例えば年収300万円の人がA社から50万、B社から30万、C社から20万借りた場合でも総額が100万円に到達するため、ABCいずれの会社からも追加の融資が受けられなくなる他、新規でD社から借り入れる事も出来なくなります。 うーん

一見問題のない法律に見えますがこれによって困っているのは専業主婦の方のような自身にまったく収入のない方です。世帯主等に安定した収入があり十分返済できる宛があるにも関わらずこの総量規制法の可決により、自身の年収が0円の専業主婦は融資可能額も0の1/3の0円になり一切のキャッシング利用が出来なくなったのです。また同様に収入として認められない年金受給者やFX株式収入者、ギャンブルで生計を立てている人等も同様の理由で融資が受けられません。


アコムと総量規制

総量規制の対象は「銀行を除く金融機関による利用目的自由な融資」に限られます。その為銀行カードローンや住宅ローンのような目的ローンは総量規制の対象になりません。尤もアコムは消費者金融であり尚且つその商品は利用目的自由なキャッシングである為もれなく総量規制の対象になります。ただし同じアコムでも借り換えのみに用途を絞った目的ローンである「おまとめローン」や、キャッシング機能つきクレジットのショッピング機能(支払い時に支払い目的が確定している)は総量規制の対象になりません。これら総量規制の対象にならない商品や機能と併用する事で年収に不安のある方ないし年収が0の方は上手にキャッシングを行うと良いでしょう。